講座・講演会のご案内

子育て支援フォーラムin栃木~子育て支援とゼロ歳時からの虐待防止を目指して~

児童虐待は依然として増加傾向が続き、大きな社会問題となっております。

特に死亡児の低年齢化、中でも0(ゼロ)歳児に集中していることが明らかになり、
虐待による子どもの死亡を予防するためには従来の早期発見・早期対応に加え、
その発生を予防する取り組みが必要です。

そのためには、妊娠・出産・子育てに対する具体的対応を含め、社会全体で取り組む必要があります。

次世代の健全な育成という視点から、一般市民等を対象としたフォーラムを開催し、
児童虐待防止に向けた啓発活動、情報提供を行います。

※詳細は、右の画像をクリックしてください。

日 時 平成31年3月23日(土)14時~16時30分

場 所 とちぎ健康の森「講堂」

参加費 無料(先着300名)

※申込締切は、平成31年3月15日(金)必着
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※参加確定者の発表は、参加票の発送をもって代えさせていただきます。
※フォーラム当日は、参加票を忘れずにお持ちください。

託児施設 無料(託児申込締切:3月15日まで)

事前申込みが必要です。

主 催 (公社)日本医師会 (公財)SBI子ども希望財団 (一社)栃木県医師会

プログラム

【司会】稲野秀孝(栃木県医師会副会長)

1.開会 14:00

2.挨拶 14:00~14:10
 ・横倉義武(日本医師会会長)
 ・太田照男(栃木県医師会会長)

3.シンポジウム 14:10~15:50
【座長】田中光臣(栃木県産婦人科医会会長)
    浅井秀実(栃木県小児科医会会長/栃木県医師会常任理事)

(1)「子ども虐待防止と里親制度」
   相澤 仁(大分大学福祉健康科学部教授/日本子ども虐待防止学会理事)

(2)「社会的養護の子育てを通して考えること」
   塩田規子(社会福祉法人救世軍光寮副施設長)

(3)「獨協医科大学病院における虐待症例の現状と課題」
   戸田怜奈(獨協医科大学病院地域連携・患者サポートセンターMSW)

(4)「児童相談所の児童虐待対応の現状」
   君島健一(栃木県県南児童相談所長)

4.総合討論 16:00~16:25 

5.閉会 16:25~16:30
 ・田淵義久(SBI子ども希望財団理事長)

参加ご希望の方は、申込書に必要事項をご記入の上、郵便またはFAXにてお申込みください。

※ハガキ・Eメールによる申込みも受付けておりますので、必要事項(1.郵便番号・住所 2.氏名 3.電話番号またはFAX番号 4.託児施設の利用有無:託児人数・託児年齢・性別)をご記入のうえお送りください。

問合せ先(申込書送付先)

栃木県医師会(地域医療第二課)
〒320-8503 宇都宮市駒生町3337-1 とちぎ健康の森4階
TEL 028-622-2655
FAX 028-624-5988
E-mail chi2@tochigi-med.or.jp