講座・講演会のご案内

第12回日本医師会・日本獣医師会による連携シンポジウム「薬剤耐性(AMR)対策アクションプランの成果と次期の展望」~新型コロナウイルス感染症により注目されるワンヘルスアプローチでの取り組み~の開催について

 今般、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、医療危機、社会経済的な危機が生じていますが、人と動物の共通感染症であることから、人と動物等の保健衛生の一体的な推進("One Health"アプローチ)の必要性に社会的な関心が高まっています。

 薬剤耐性(AMR)対策についても、"One Health"アプローチに基づき、医療、産業動物診療、小動物診療、農業生産、水産養殖、食品安全等、広範な分野で相互に情報提供等を行いつつ、それぞれの分野で有効な施策を講じていくことが不可欠です。

 本連携シンポジウムは、このような社会的要請を踏まえ、薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020の取組みと今後の課題について検討した上で、医療、獣医療等の現場における薬剤耐性(AMR)対策の一層効果的な推進に資することを目的として開催します。

日時

令和2年12月3日(木)

13時00分~17時00分

開催形式

Webによる開催(リアルタイム配信及び動画配信)

参加費

無料

プログラム

★第一部:「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020」の取組みと今後の課題

【特別講演】

 1.医師側からの提言  渡邉治雄(国立感染症研究所名誉所員。黒住医学研究振興財団理事長)
 2.獣医師側からの提言 田村 豊(酪農学園大学名誉教授)

【主催】公益社団法人 日本医師会/公益社団法人 日本獣医師会

★第二部:医療分野及び動物分野における薬剤耐性対策の紹介

 Ⅰ.医療分野及び獣医分野における薬剤耐性対策の取組みなど
  ・医療分野 :前 田 稔 彦(まえだ耳鼻咽喉科クリニック)
  ・医療分野 :松 永 展 明(国立国際医療研究センター)
  ・獣医療分野:呉  克昌((株)バリューファーム・コンサルティング)
  ・獣医療分野:高橋佐和子((株)高橋畜産)
  ・獣医療分野:松 田 真 理(動物医薬品検査所)

 Ⅱ.医療分野及び獣医療分野における薬剤耐性対策の現状と対策

  ・医療分野における現状と対策(厚生労働省)
  ・獣医療分野における現状と対策(農林水産省)

申込み

https://jvma-sympo.jp/12AMR-sympo.html

問合せ先

公益社団法人 日本獣医師会事務局 E-mail ask@nichiju.or.jp