新型コロナ:ワクチン・予防接種について

「栃木県新型コロナウイルスワクチン個別接種促進協力金」について

対象期間内に個別接種を行い、要件を満たした医療機関に対し協力金が支給されます。
支給要件・手続き方法等、詳細は以下の特設サイトをご確認ください。

【栃木県新型コロナウイルスワクチン個別接種促進協力金特設サイト】
 ⇒https://www.tochigi-vaccine-kyouryokukin.jp/

  1. 協力金支給対象期間 ※ワクチン接種を行った期間
    • 【第1期】令和3(2021)年5月9日(日)~7月31日(土)
    • 【第2期】令和3(2021)年8月1日(日)~10月2日(土)
    • 【第3期】令和3(2021)年10月3日(日)~12月4日(土)
  2. 申請受付期間
    • 【第1期】令和3(2021)年8月1日(日)~令和4年1月25日(火)※期間が延長されました
    • 【第2期】令和3(2021)年8月1日(日)~令和4年1月25日(火)
    • 【第3期】令和3(2021)年10月3日(日)~令和4年1月25日(火)

新型コロナワクチンに関するQ&A

Q1 ワクチンに余りが生じた場合など、他の医療機関にワクチンを分配することは可能か。

A1 ワクチンのトレーサビリティの確保が困難となり、リコール等の事態が生じた場合に適切な対応ができない等の支障が生じることから、 あらかじめ定める基本型接種施設から連携型/サテライト型接種施設への分配以外に、他の医療機関等へ分配することはできない。

  なお、巡回接種により他の医療機関に赴いて接種することは差し支えないが、 あくまでも予診票への記載・V-SYSへの実績登録なども含め、元の医療機関で接種を行ったとの取扱いとなることに留意すること。

Q2 巡回接種を実施する場合は、ワクチンをどのように持ち運ぶのか。

A2 原則として、巡回接種会場へワクチンを移送する場合には、バイアルを冷蔵で移送し、巡回接種会場でワクチンを希釈しシリンジに充填する必要がある。

  ただし、在宅高齢者等へ1件ずつ訪問診療を行う場合については、希釈したワクチンを1か所でシリンジに充填し、 その後はシリンジに入れた状態で移動する。(複数箇所で充填する場合、バイアルのゴム栓が清潔でなくなる可能性もあること等を考慮した取扱い。)

Q3 ワクチン接種する際、ワクチンに同梱された専用のシリンジ以外に、自院で保有するシリンジを用いて接種することは可能か。

A3 差し支えない。

Q4 ワクチン接種後の発熱等に備え、被接種者に対してあらかじめ薬を処方する場合、投薬に係る費用は保険診療として請求可能か。

A4 発熱等に備え、あらかじめ薬を処方することは予防的投与に当たるため、保険診療としては請求できない。

  なお、医師の処方によらずに医薬品販売業の許可がない市町が設置する集団接種会場等において、 市販薬を有料、無料問わずに配布することは、医薬品医療機器等法に抵触することに留意すること。

Q5 保険医療機関においてワクチン接種を行う場合で、接種後に発熱等何らかの症状を生じた被接種者に対して医師が診療等を行った場合、当該診療等に要した費用は保険診療として請求可能か。 また、保険医療機関以外の接種会場における場合の対応は如何か。

A5 保険医療機関において医師が診療等を行った場合、当該診療等に要した費用は保険診療として請求可能である。(初診料、再診料又は外来診療料については算定不可。)

  なお、詳細については、令和3年6月17日付け厚生労働省保険局医療課事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬の臨時的な取扱いについて(その49)」の問2を御参照いただきたい。

  また、保険医療機関以外の接種会場(市町が設置する集団接種会場等)における応急処置の費用は、 保険請求できないので、接種会場の開設者(市町)が負担することが一般的である。

《参考》新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その49)(R3.6.17 厚生労働省保険局医療課事務連絡)

問2 2月16日通知※における新型コロナウイルス感染症に係る予防接種を保険医療機関で実施した場合であって、 予防接種の実施後に当該保険医療機関において健康状態を観察している間に、何らかの症状が発生し、それに対する診療を行った場合、 初診料、再診料又は外来診療料を算定することはできるか。また、その際、処置、検査又は投薬等の診療を実施した場合において、 それぞれに対応する項目について算定することはできるか。

(答)初診料、再診料又は外来診療料については、算定不可。なお、処置、検査又は投薬等に対応する項目については、それぞれ算定要件を満たした場合には算定できる。

※2月16日通知...令和3年2月16日厚生労働省通知「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施について(指示)」(厚生労働省発健0216第1号)

上記Q&Aは栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部に確認のうえ作成しております。

併せてこちらもご確認ください:
日本医師会ホームページ
新型コロナウイルス感染症の予防接種について(医療機関、医師会向けページ)
日本医師会新型コロナウイルスワクチン速報


ファイザー製ワクチン『コミナティ筋注』について

適正使用に関する資料