•  

地域の皆様へ

2018.1.9

栃木県全体で、インフルエンザが流行中です

インフルエンザの予防のポイント
●咳エチケットと流水・石鹸による手洗い
インフルエンの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される水滴(飛沫)による飛沫感染と、手を介した接触感染です。
マスクなどで、他の人に向けて飛沫を飛ばさないようにしましょう。
しっかり手洗い、手洗いはとても大切。手をきれいにしましょう。
●適度な湿度を保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
●十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
●人混みや繁華街への外出を控える
インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えましょう。
不織布製マスクである程度の被膜等を防ぐことができます。
人混みに入る時間は極力短くしましょう。
※感染者がマスクをする方が、感染の拡大を抑える効果は高いと言われています。

栃木県県北健康福祉センター健康対策課 感染症予防 
TEL 0287−22−2679