栃木県放射線科医会からのごあいさつ

栃木県放射線科医会は平成元年、「栃木県における放射線医学の向上と放射線科医師の学術研修および親睦を目的」として「栃木県放射線科医の会」として発足、症例検討と教育講演を主体とした定例会を年2回開催して参りました。初代代表世話人は兵頭春夫 獨協医大教授(当時)、その後、志田寿夫 珪肺労災病院(当時)、大澤 忠 自治医大教授(当時)、水沼仁孝 那須赤十字病院副院長(当時)が引き継がれました。

平成14年春、日本放射線科専門医会と日本放射線科医会が合併、日本放射線科専門医会・医会Japanese College of Radiology(JCR) http://www.jcr.or.jp/となったのに合わせ、本会もその下部組織として機能すべく、平成15年度より「栃木県放射線科医会」に名称を改めました。令和の時代となった現在は会長:楫靖(獨協医大)、副会長:本多正徳(済生会宇都宮)、 事務局長:杉本英治(自治医大)の体制となっています。

若手医師をとりまく環境は、平成16年度より開始された新臨床研修制度、平成28年度にスタートした日本専門医機構認定の放射線科領域専門研修制度により大きく変化しています。専門研修については、主として県内にある研修施設群で協力し放射線科医の卵を育てることになり、これまで以上に施設間の連携を図って取り組んでいきます。

本会が信頼できる放射線科医の育成と生涯教育に取り組むことで、患者さんの診断と適切な治療に貢献できます。高い質の画像診断・IVR治療・放射線治療について責任をもって実施する本会会員にどうぞご期待下さい。

最新情報&更新情報

2020.02.28 第61回Radiology Update学術講演会の開催中止のお知らせNEW

2020.02.18 第15回小児神経放射線研究会NEW

2020.02.18 第61回Radiology Update学術講演会