新型コロナウイルス関連感染症に係る情報の掲載

栃木県医師会に寄せられたご支援について

 こちらのページで本会に寄せられた温かいご支援についてご紹介しています。


「診療・検査医療機関」の指定等について

多数の発熱患者等の発生が想定されるインフルエンザの流行期に備え、発熱患者等の診療又は検査を行う医療機関を「診療・検査医療機関(仮称)」として栃木県が指定します。
指定に係る意向等調査が行われておりますので、ご確認ください。(県から医療機関へ通知が発送されています。)

【「診療・検査医療機関」の指定等に向けた調査(栃木県ホームページ)】
 ⇒http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/kouhou/sinryoukensa.html

また、発熱患者等専用の診察室(時間的・空間的分離を行い、プレハブ・簡易テント、駐車場などで診療する場合を含む)を設けて、発熱患者等を受入れる体制をとった場合に、その体制確保に要する経費について支援が行われます。
県による「診療・検査医療機関」の指定を受けたうえで、医療機関から国に直接申請する必要があります。

【「令和2年度インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業」について(厚生労働省ホームページ)】
 ⇒https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00012.html


集合契約関係書類 ※宇都宮市の医療機関は本集合契約の対象外となります(宇都宮市と別途契約)。

★10月2日から検査検体として新たに鼻腔拭い液が追加されたことに伴い、委任状の様式および参考資料の参照先が変更になりました。
 (既に契約済みの医療機関では委任状再提出の必要はありません。)

【様式】
 ・委任状 ※可能な限り両面印刷してご使用ください。
 ・行政検査実施連絡書

【実施要領】
 実施要領別紙1別紙2別紙3

【契約書】
 契約書個人情報取扱特記事項

【参考資料】
 ・新型コロナウイルス感染症が疑われる者等の診療に関する留意点について(その3)
  (令和2年10月2日付厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部通知)
 ・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第3版
  (厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部/令和2年9月4日発行)
 ・新型コロナウイルス感染症に対する感染管理(2020年10月2日改訂版)
  (国立感染症研究所 国立国際医療研究センター 国際感染症センター)


日本医師会ホームページ

「新型コロナウイルス関連感染症」
 http://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009082.html

「新型コロナウイルス関連感染症都道府県医師会宛て通知(日本医師会)」
 http://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009135.html


厚生労働省ホームページ

「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

「医療機関の支援:国民の健康と安心につなげるための医療機関・医療従事者支援策」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/seifunotorikumi.html#h2_6


国立感染症研究所ホームページ

トップページ
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/


栃木県ホームページ

「栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況および検査状況について」
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/welfare/hoken-eisei/kansen/hp/coronakensahasseijyoukyou.html

「新型コロナウイルス感染症について」
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/welfare/hoken-eisei/kansen/hp/shingatakoronavirus.html


栃木地域感染制御コンソーティアム(TRICK)ホームページ

トップページ
 http://square.umin.ac.jp/trick/index.html