勤務医部会

勤務医部会

部会長挨拶

平成18年4月1日より栃木県医師会に勤務医部会が発足致しました。勤務医の組織としては平成12年1月に設立されました栃木県勤務医会がありますが、県医師会に属するものではありません。わが国の勤務医が一致団結して開業医と共に医療を考え、国民に質の高い安全な医療を提供していくためには、先ず、各都道府県医師会の勤務医会員が連帯していかなければなりません。この連帯の場である日本医師会主催の全国医師会勤務医部会連絡協議会に正式参加するためには県医師会に直属する形の勤務医組織でなくてはならないため、勤務医部会設立の運びとなりました。

わが国の勤務医は、高密度の診療と長時間労働、低賃金など大変過酷な労働条件で必死に働いております。それゆえ、疲弊気味となり次第に開業指向となります。その結果として、病院勤務医のさらなる過重労働、都市部における無床診療所の乱立、地方での地域医療の破綻が既に起きております。この状況は医療安全と医療の質の確保の面からも放置できない問題であります。勤務医の劣悪な労働環境の背景には、患者の大病院指向、医師の地域的、分野別偏在、不当に低い診療技術料、他の先進諸国に比べ著しく少ない1ベッド当たりの医療スタッフ数などがあります。これらの諸問題は個々の病院で対処できるものではなく、厚生労働省が現在の医療供給体制の欠陥部分として認識し、医療現場を担うものと共に現状を充分に分析した上で改善しないと永久に解決できないものであります。元来、医療改革とはそのようなことを言います。しかし、現実の医療改革は、医療費削減を唯一目的として、規制改革・民間開放推進会議をはじめとする一部の市場原理主義の経済人を中心としたグループによって反論の余地がない形で進められつつあります。まさに日本の医療は危機的状況にあると言っても過言でありません。

勤務医会員は日本医師会および都道府県医師会の約半数を占めながら、これまで医師会活動には積極的でありませんでした。医師会は学術専門団体として保健・医療・福祉行政に意見を述べられる唯一の団体であります。上に述べた諸問題は他人事でなく自らの将来にも強く関係する重要な問題であると認識せねばなりません。今こそ、勤務医は開業医と大同団結し、国民の健康と生命を守るために、また、医師としての職業の尊厳と自らの生活を守るために、真の医療改革に取り組まねばなりません。その活動の場となるのが都道府県医師会内に設置される勤務医部会であります。

ここに述べさせて頂きました趣旨をご理解の上、一人でも多くの会員が勤務医部会に入会されますことをお願い申しあげます。

栃木県医師会勤務医部会長 福田 健

活動内容

基本的活動方針

  1. 勤務医に対する定期的医療情報提供
  2. 勤務医の意見発表機会提供
  3. 県医師会が設置する委員会への構成委員としての参画
  4. 勤務医の組織強化
  5. 勤務医の福祉増進並びに親睦
  6. 勤務医の勤務環境の向上
  7. 地域医療の充実
  8. 生涯教育の充実
  9. その他目的達成に必要な事項

勤務医部会活動内容

  1. 総会・講演会の開催
  2. 特別委員会開催
    (1)勤務医と医師会のあり方検討委員会
    (2)医療政策委員会
    (3)勤務医の労働環境調査委員会(女性医師問題含む)
  3. 広報活動
    (1)勤務医部会入会説明会
    (2)ホームページの開設
  4. 協議会への参加
    (1)全国医師会勤務医部会連絡協議会
    (2)都道府県医師会勤務医担当理事連絡協議会
  5. 各種委員会への構成委員派遣
    (1)保険委員会
    (2)感染症対策委員会
    (3)救急委員会
    (4)生涯教育委員会
    (5)地域保健活動推進協議会
    (6)広報委員会
    (7)医療安全対策委員会
    (8)医療政策研究会
    (9)医療連携推進委員会
    (10)自浄作用活性化委員会